2015年7月10日

小長井町の象徴「フルーツバス停」の手作りキーホルダー 注目集める

 諌早市小長井町の名物である「フルーツバス停」を模った愛くるしいキーホルダーが平成27年5月に発売し1ヵ月で150個を売り上げ、来町者や地域住民の注目を集めています。

 キーホルダーは、JAながさき県央共済代理店「寿自動車整備工場」の小栁壽久(としひさ)さんが仕事の合間をぬい、一個一個手作りしています。小柳さんは「小長井町のPRになれば」と思いを込めています。 元々、木工品の制作に興味を持っていた小柳さんは、ドライバーが車を止めフルーツバス停で記念撮影をする光景をよく見かけたことから、小長井町の土産や記念になるものができないかと構想しました。

 製作当初は、紙粘土でも作ったが、強度が弱く断念。その後は、サイコロ型に切断した木をサンダーで削っていたが10個削れば爪がなくなり、小柳さんはキーホルダーをくり抜く専用工具を改造して作りました。

 デザインは、「ミカン」「イチゴ」「スイカ」「メロン」「トマト」の実際のバス停を細部まで表現。かわいいらしい窓や待合席も描いています。資材の選定や調達、デザイン考案なども含め3年間をかけ発売にこぎつけました。 作業は主に、仕事が終わった夜。発注を受けて製作しています。小柳さんは「自分の趣味で作ったものが、地域の人や購入者に喜ばれてありがたい。仕事の合間に作業するのは大変なので、これからは、作業効率も考えていきたい」と嬉しい悲鳴を上げています。

 フルーツバス停キーホルダーは、5種類各380円。同工場、山茶花高原で販売しています。  

 

小長井バス停ストラップ

キーホルダー

  
フルーツバス停追加 

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」