2015年9月3日

波佐見町に定住したい! 地域おこし協力隊 大石さやかさん

 波佐見町に定住したい―――。

 東彼杵郡波佐見町に住み2年目、長崎市出身の大石さやかさん(26)は言葉を弾ませます。大石さんは、平成26年7月から同町の農業専門の地域おこし協力隊として着任。取材活動を通して、農林業にまつわる活動を紹介するリーフレット「Kinen Note」の発行やインターネット交流サイト「Facebook」で活動紹介を行いながら、消費者に対して農業の価値や生産者の想いを伝え、生産者への販売戦略の提案、実践に奔走しています。

 「取材活動は、消費者が農業をもっと知るべきだという考えを実現するための手段」と話す大石さん。「でも消費者は情報を出すだけでは食いつかない。興味を持ってもらえる、足を運んでもらえる要素ありきの情報提供でないと」と情報に触れることができる窓口まで考えます。

 

波佐見町地域おこし大石さん (1)

 

写真=原木しいたけを栽培する楠本和義さんと打ち合わせをする大石さん(左)

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」