2015年10月21日

ダイコン出荷始まる 早出しで有利販売狙う

 諫早市飯盛町では、10月4日からダイコンの出荷が始まっています。

 栽培するだいこん部会では、有利販売と労力配分を狙って県内の他産地より1ヶ月程度早い出荷に取り組んでいます。

 8日には、20㌧を広島、福岡を中心に出荷。11月中旬までに600㌧の出荷を見込んでいます。

 平成27年産は、8月下旬に台風に見舞われたものの、大きな被害もなく順調に生育。9月に入り晴天が続いたため、部会員はかん水を行い、天候に合わせた管理を徹底しました。

 平年に比べ肌がきれいで瑞々しく、形状も良く、高温障害・生理障害で発生する黒芯症もなく、近年にない品質で出荷が続く見通しです。

 

早期ダイコン出荷スタート

写真=早朝から泥を落とし、葉を切り揃えたダイコンを選別する中山部会長

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」