2015年11月9日

結成30周年で更なる飛躍を 諫早カーネーション部会祝賀会

 諫早カーネーション部会は10月28日、諫早市金谷町で結成30周年を記念し祝賀会を開きました。

 一代で築き上げた部会30年の功績を振り返るとともに、部会員らは関係者に対し感謝を示し、更なる部会の飛躍を誓いました。

 部会は、生産者8人で現在カーネーション4.6㌶を栽培。個人の栽培面積は全国でも最大規模を誇ります。昭和60年に共同販売組織として設立し、これまで、研究活動で独自の養液土耕システムの導入や段階的な規模拡大に取り組み、平成18年には部会員全員がエコファーマーを取得。安定出荷と産地間競争に負けない「諫早カーネーション」の銘柄確立が成されてきました。

 同日は、部会員家族、取引市場、県内花き生産者、行政、JA関係者ら約100人が出席し、関係者らは、県をけん引する産地となったことに感謝を述べ、先代の努力を足場に、後継者の活躍に期待を語った。

 下田忠信部会長は「発足から8名で変わらずともに頑張ってきた。今でも経営の柱はカーネーション。5年、10年先の目標を持ってこれからもカーネーションを育てていく」と意気込みました。

 

諫早カーネ30周年祝賀会 (6)

写真=結成30周年を迎えた部会員夫婦、後継者のみなさん

 

諫早カーネ30周年祝賀会 (2)

写真=関係者らと鏡開きで結成30周年を祝いました

 

諫早カーネ30周年祝賀会 (5)

写真=会の最後には経営を助け合ってきた妻に対し花束を贈呈しました

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」