2015年11月11日

生協組合員が自然の恵みを実感 「にこまる」稲刈り交流会

 JAながさき県央は10月24日、生活協同組合ララコープの組合員を対象に、諫早市小野島町の田んぼで「にこまる」の稲刈り交流会を開きました。

 同日は、諫早市、長崎市内の組合員家族を中心に14組45人が参加し、手作業で稲刈りを体験したほか、田んぼの中で昼食を取り、自然の恵みのありがたさを実感しました。

 交流会は、JAが全農パールライス(株)、島原食糧販売(株)などと連携し、米の消費拡大、「にこまる」の銘柄向上を目的に開く学習イベントで、6月27日に行った田植え交流会に続き、2回目。

 JA営農指導員が収穫された米がお店に並ぶまでの一連の工程を説明し、質疑応答では、子どもたちから田んぼの水路の仕組みや、バケツ栽培で育てた稲の乾燥・調製方法などについて質問があがり、米や農業への知識を深めました。

 参加した親子は「初めて稲刈りに挑戦して楽しかった」「もっとたくさん刈りたかった」「お米のありがたみがわかったので「にこまる」を一粒残さず食べようと思った。子どもにも教える」と話しました。

 

産直米「にこまる」稲刈り交流会

写真=生産者に教わりながら稲刈りする親子(左)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (2)

写真=稲刈り方法を真剣に聞く参加者

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (6)

写真=「にこまる」の収穫を楽しむ参加者ら

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (4)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (3)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (9)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (5)

写真=1つの穂に何粒あるかを数える親子

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (14)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (12)

 

生協産直米「にこまる」稲刈り交流会 (10)

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」