2015年11月26日

「長崎和牛」の銘柄確立を 第1回肥育牛部会枝肉研修会

 肥育牛部会は、飼養管理技術の向上と部会員の結束を高めることで、「長崎和牛」の銘柄確立に取り組んでいます。

 11月9日には、佐世保食肉センター㈱で初めて部会主催の枝肉研修会を行い、出品した40頭の枝肉の状態を確かめた後、研修会としては珍しいセリ方式により枝肉を販売。部会員らは、素牛高を背景とした、枝肉の作りや歩留りの良い牛を購買者が求流通業者が好む枝肉生産で「長崎和牛」の銘柄確立を 第1回肥育牛部会枝肉研修会めていることを確認しました。

 喜々津昭部会長は開会にあたり「素牛高やTPP妥結で、今後の肉用牛の先行きが予測不可能な状況であるが、部会員互いの技術を向上し、切磋琢磨しながら「長崎和牛」の肉質を向上させよう」と呼びかけました。

 研修結果は、下記の通りです。(敬称略、()内は支部名)

▽金賞=北嶋邦昭(大村)▽銀賞=後瀬祐利(川棚)▽銅賞=吉﨑忠敏(川棚)

 

第1回肥育牛部会枝肉研修会

写真=歩留り、肉質の詳しい内容の講評に耳を傾ける部会員ら

 

第1回肥育牛部会枝肉研修会 (2)

 

第1回肥育牛部会枝肉研修会 (3)

 

第1回肥育牛部会枝肉研修会 (1)

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」