2018年1月17日

加工・業務用キャベツが出荷最盛期 キャベツ部会

 JAながさき県央管内で、1月6日から平成29年度産加工・業務用キャベツの出荷が最盛期を迎えています。

 同日は中生品種「冬藍」「あやね」、「ネオルビー」など9㌧を県内加工業者へ出荷。最盛期は3月まで続き、週3日、日量10㌧ほどを出荷する見込みです。2月には晩生品種の出荷が始まりリレー出荷で、18年5月までに前年並みの800㌧を出荷する見通しです。

 1月10日に、諫早市高来町で収穫した家田さんは「キャベツを作り始めて3年目。この時期のキャベツは甘みがあっておいしいので、適期収穫を行い確実に出荷して、おいしいキャベツを食べてもらいたい」と話しました。

 

写真=玉肥大や外葉などを見て間引き収穫する家田さん

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」