2018年2月27日

太物率70%以上で順調 春アスパラガス選果始まる

 JAながさき県央で1月29日から、春アスパラガスの選果が始まり、太物率(L階級以上)70%以上で順調な出荷が続いています。

 平成30年産は、日照不足などで出荷量が伸び悩んだ前年産に比べ、生育は順調。出荷は平年並みとなる見通しです。

 2月下旬からは選果が本格化し、ピーク時の3月中・下旬には日量最高4㌧を選果し、5月までに194㌧(前年比155%)を選果する計画。関東地方を中心に、大阪、徳島、長崎県内に出荷しています。

 同JA北部アスパラガス選果場では同月31日、川棚町と波佐見町の4戸、28㌔を選果し、東京へ初出荷しました。

 

写真=順調な太物率で選果が始まった春アスパラガス

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞