2018年3月8日

肉豚の目標1万頭達成見込み JAながさき県央

 JAながさき県央は平成29年度、肉豚の取扱頭数が目標の1万頭を超える見込みであることがわかりました。

 1万頭を超えるのは5年振り。平成30年1月末までに、8330頭、販売金額は3億3000万円(前年同月比102%、111%)に上っており、27年度から取り組む中期経営計画の成果が現れています。

 同JA畜産部は、3ヶ年で行う同計画で、母豚の夏場の受胎対策と作業の同期化などの先進技術を導入し、生産基盤の維持、拡大を目指している。人工授精を推進し、分娩率は87%と、JA全農の全国指標をやや上回っています。また、抗生物質に頼らないワクチネーションの確立による事故率低下や27年度からは多産系種豚への更新も進めています。

 

 

写真=子豚はすくすく成長しています

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞