2018年3月11日

非農家から離島で就農 諫農女子生徒3人組 養豚農家へ

 県立諫早農業高等学校を今春卒業した動物科学科の女子生徒3人は、今年4月から離島の同県五島市富江町の(有)草野ファームにそろって就職します。

 3人は非農家。同校から非農家の女子生徒が離島で就農するのは初めてです。また同県によると、前年度の県内新規就農者207人の内、養豚業に就農したのは4人。県内でも珍しい事例です。

 就農する3人は「学んだ技術を活かして結果を出したい。そして、五島に人が集まり、農業の良さを伝えるように様々なことに挑戦したい」と声を揃えます。

2月9日には、3人を囲み、同社の草野喜一郎会長、行成啓介校長、県や市の関係者らが同校に集まり、意見交換会を開催。

 草野会長は「五島に3人娘が来ることは、画期的でこれ以上嬉しいことはない。生産性や利益の向上につながると確信している」と期待を膨らませました。

 

写真=今春から養豚業に携わる諫農女子生徒3人組と草野会長

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞