2018年3月18日

信頼関係育てる絵はがき作製 JA職員が活用

 JAながさき県央は、JA管内の農畜産物を紹介する絵はがきを初めて作製しました。

 はがきの絵は、大村中央支店総務金融課の辻松職員が描いた。農畜産物を地域へPRするとともに、組合員や利用者、取引先などとの信頼関係を育てる礼状や挨拶状などとして、同JA職員が活用します。

 現在は作製しているのは、長崎和牛、バレイショ、イチゴ、ハウスみかんの4種類。今後も絵はがきの種類を増やす予定で、多くの農畜産物を一層PRしたい考えです。

 

写真=JAオリジナル絵はがきと絵画を担当した辻松さん

 

(日本農業新聞 掲載)

  • 活動紹介
  • イベントのお知らせ
  • 各支店のお知らせ
  • 営農センター
  • JA-SS
  • 農機センター
  • 自動車センター
  • プロパンセンター
  • 職員募集のご案内
  • 作業支援スタッフ募集のご案内
  • 情報誌Mitte
  • JA長崎県央のフェイスブックへ
  • JAながさき県央動画ちゃんねる
  • 取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」へ
  • お問い合わせ
  • にじいろながさき
  • 株式会社農協観光
  • 日本農業新聞