大村市×JAながさき県央がコラボし作成した大村市で輝く農家をPRするカレンダー。
カレンダーには収まりきらなかった農家の思いや頑張りを特設ページでご紹介!

中川さんは、両親が営む「中川酵素梨園」で梨を栽培しています。
大村市出身の24歳。趣味はバドミントンと釣り。大学(農学部)に進学し、2017年に大村市で就農しました。よく梨に似ていると言われるそう。「日焼けをしやすい梨とほっぺたが赤くなりやすいところが似ている」と話します。

1番好きな言葉が、海軍だった山本五十六さんの「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。子どもたちにバドミントンを教えていて共感しています。やる気を出す時はほめてもらいたいし、しっかり教わりたいという気持ちがあり、相手にもそうしたいからです。

地域が観光農園なので、クワガタを畑に取りに行ったり、遊び場が農園でした。生まれたときから(農業を)するんだろうなと思っていました。

 

 

 

忙しい時期以外は、朝、日が昇ると仕事をして、夕暮れになると帰る。自分の時間が持てることですね。それから、季節で考えると時間に追われながらですが、1日1日を考えると自分のペースでできることですね。

 

 

虫やオタマジャクシ、イモリなどに触れて育っていけるのは、福重地区の良いところです。下ると海もあり魚もいるし、田んぼでも遊べるので、街中で遊ぶより、自由な発想で生き物と触れて遊ぶことができることがかなり大事だと思います。

家庭を持ちたいですね。子どもたちに手伝ってもらいたいですね。バドミントンも一緒にしたいです。

  • JAってなに?
  • 広報誌みのりん
  • やってみよう!家庭菜園
  • おいしいレシピ
  • 今月の朝ご飯
取材ブログ「みのりんのさんぽ道。」