次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

 

職員が仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

 

1.計画期間

令和4年4月1日~令和7年4月1日

 

2.内容
目標1: 職員に対し、各種制度の説明を行い休職中及び復職時の不安解消に努める

<対策>
令和4年4月~ 毎年4月

  • 妊娠中から復職までに使用できる諸制度を職員へ情報提供し、制度利用をサポートする。
  • 復職者に対し、勤務時間の短縮などを提案し育児と仕事の両立をサポートする。

 

目標2: 子の看護のため休暇制度の利用促進

<対策>
令和4年4月~

  • 現行の制度内容について全職員へ周知を図る。

 

目標3: 職員の年次有給休暇取得日数を5日以上、一人当たり平均年間6日以上取得する

<対策>

令和4年4月~ 随時

  • 毎月勤務報告書集計時に有給休暇取得数を確認し、所属長に対し取得促進を促す。