JAながさき県央のおいしいレシピ

 

タケノコと野菜の重ね焼き

旬のタケノコと丸い野菜を焼き・重ねる、和とイタリアンのコラボです。野菜たちの異なる食感と甘さ・香りなどがお口いっぱいに広がります。アンチョビとチーズの塩味がアクセントになりご飯もお酒も進みます。ナガイモのシャキッと感を生かすため、後から焼きましょう。

 

タケノコと野菜の重ね焼き
材 料(4個分)
1食当たり約114kcal
ゆでタケノコ(小さめ) 1本
ナガイモ 6~7cm
長ネギ 1本
シイタケ 4個
溶けるチーズ 1片
アンチョビ 少々
ごま油 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
大さじ1
みりん 小さじ1
大さじ1
ピンクペッパー 適量
●作り方
1. タケノコの根に近い側は1.5cm厚さに4枚切り、残りは食べやすい大きさに切る。ナガイモは皮をむき1.5cm厚さに4枚切る。長ネギはナガイモと同じ長さに8本切る。シイタケは石突きを取る。
2. フライパンを温めごま油を熱し、まずタケノコ、ネギ、シイタケの両面を焼き、火が通ったらナガイモも加えてさっと焼く。
3. タケノコの上にナガイモ、ネギ2本、シイタケの順に重ねチーズを載せる。
4. アンチョビをほぐし、しょうゆ、酒、みりん、水と一緒に合わせておき、(3)に加えてふたをする(弱火)。
5. チーズが溶けたら器に盛り付け、お好みでピンクペッパーを振る(さんしょうや黒こしょう、七味唐辛子などでも代用可能)。

 

 

 

 

 

甘い春キャベツご飯

春キャベツと切り干し大根の甘味・梅干しの酸味が体に優しい炊き込みご飯です。柔らかい春キャベツを楽しむために、ご飯が炊き上がってから加えます。キャベツの存在感でボリュームもタップリ。アサリは小さくなってしまうので、取り出しておきましょう。

 


甘い春キャベツご飯
材 料(4人分)
1食当たり約365kcal
2合
キャベツ 1/4個(約200g)
アサリ 15個
油揚げ 1枚
切り干し大根 12g
梅干し 2個
ショウガ 1片
だし汁 酒としょうゆを含む2カップ
大さじ1
しょうゆ 大さじ1
小さじ1
●作り方
1. 米は30分以上浸水後、水を切る。アサリは砂抜き後、殻をよく洗う。油揚げは熱湯で油抜き後、細めに切る。キャベツはザク切りにし、水気を切る。切り干し大根はさっと洗い1~2cmに切る。ショウガは千切りにする。
2. 鍋に米を入れ、キャベツ以外の材料を全て加える(アサリは最後に載せる)。
3. 沸騰するまで強火、その後弱火で13分加熱したら火を止め、アサリを取り出しキャベツを加えてからふたをして12分蒸らす。炊飯器の場合も同様に、蒸らしに入ると同時にアサリを取り出しキャベツを加える。
4. まだキャベツはしっかりしているが、全体をふんわりと混ぜ合わせるとなじむので、梅干しの種を除き、アサリを戻していただく。

おいしいレシピバックナンバー